2009年12月05日

スペイン語の勉強。冠詞と定冠詞(ドン・ペドロ様の巻き)

スペイン語の文法の入門書も
20ページまでやって来ましたexclamation

今日は勉強したくなかったんだけど
(理由は後ほどわかります)
なんとか、不定冠詞と定冠詞を勉強しました。

わかったような。。。わからないような。
定冠詞はわかったけど。

不定冠詞の形容詞を強調する働き?
とかー。
不定冠詞には複数がないと思って下さい?
とかー。

。。。いまいち飲み込めません。たらーっ(汗)
今、使ってる本より、もう少し説明とか例文とか
沢山書いてある本が欲しいかも。

単にわたしの脳みそがツルツルのたまごだからなのか?
うぬぅ。名前をくるみに変更してもいいですか?
(そゆ、問題とちがう?)

。。。昨日スペインの歴史も少し知りたいと
思ったんだけど、その話をマンガ好きの友達にしたら
「いい勉強教材があるよ!」
と言うので、マンガ喫茶に行きました。

。。。漫画喫茶でスペインの歴史?
そゆ、マンガががあるのかな?

マンガ喫茶に入ってさっそくアイスを舐めてると

「全く歴史と同じじゃないよ。でも、スペイン
って言ったらこれ読まなきゃ!」

と友人がマンガを持ってきてくれました。

「じゃあ。少しだけね。あたしは帰ってスペイン語の
勉強をしたいからさ〜。」

。。。と、読み始めたら。
とまらな〜い。やめられな〜い。

ドン・ペドロさまぁ〜黒ハート

「いい加減、帰るわよー!」と言われて仕方なく
マンガ喫茶を後にして「ああ〜ペドロ様サヨナラ〜(T.T)」

明日まで待てないので、家に着く前に
ブックオフで続きがないかなー
「ペドロ様はいるー?目」と探しw

もう。文法の本なんか開く気がしねーや。
でも、冠詞と定冠詞の2ページだけは読みました。

面白いねー。このマンガ。
そうなの?スペインが好きな人には有名なマンガなの?

スペインになる前の話なんだねー。
そっかー。別の国だったんだ。なる。なる。
違う言葉が残ってて当然なんですね。
スペインはいつ合体。。。いや、合併したんでしょうか?

歴史を知るのも面白いですね^^
(マンガを読んでるだけ・・・なんだけどw)


あー。ちょっとコレ最後まで読むまでは文法はおあずけです。
歴史を知ることも大事。大事。
色々違うらしいけど、実在した人物の話なら
マンガでも歴史の勉強の入り口になるじゃん?


ちなみに、このマンガです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アルカサル-王城

14世紀、多数の国家が外国の影響を受けつつ争う戦国時代にあったイベリア半島を舞台に、奔放な情熱と冷酷な策謀で「残酷王(エル・クルエル)」とも呼ばれた、カスティリア王国の実在の王ドン・ペドロことペドロ1世の波乱の生涯を描く。(wikiより)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

アルカサル-王城 1 (秋田文庫 20-27)

アルカサル-王城 1 (秋田文庫 20-27)
アルカサル-王城 2 (秋田文庫 20-28) アルカサル-王城 3 (秋田文庫 20-29) アルカサル-王城 4 (秋田文庫 20-30) アルカサル-王城 5 (秋田文庫 20-31) アルカサル-王城 6 (秋田文庫 20-32)
by G-Tools

posted by たまご at 21:32| Comment(0) | スペイン語の勉強? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。