2009年12月18日

挨拶したらスペインの友達に文句を言われたw

先日、
「スペイン語を使うのが恥ずかしくて使う決心が付かない」と
日記に書いたけど、今日は勇気を振り絞ってスペインの友達に
スペイン語で挨拶してみましたexclamation×2

「Hola! Cómo está?」
(こんにちは!ご機嫌いかがですが?)

たったこれだけですけど、
スペイン人にスペイン語で挨拶するのは初めてです。
チャトに書くだけで緊張しました。
送信するときもドキドキでした。

0.1秒も待たずに返事が来ました。

「bien」

あれ?なんか短くない?
まあ、いいや。ご機嫌は「いい」らしいです。

「y tu?」

と言われて一瞬わけわからなくて焦りました。
y ってな〜に?
tu は tú(君)だから・・・
わたしの事を聞いてくれてるんだと理解して

「Muy bien.Gracias」
(とても元気です。ありがとう」

と書きました。
イエーイ!スペイン語で挨拶出来た!わーいるんるん
と喜んでいたら・・・
そのあと、めっちゃ大変でした〜あせあせ(飛び散る汗)

「どして esta?」
「たまご どして esta いいますか?」
「わたしに esta つかいますか?」

えぇ??
なんか・・・違うのー?
estaの何がイケないのー?
どっか間違ってるのかー?

「アルベルトは元気ですか?とスペイン語で いい ました。」

と説明してみたけど・・・

「はい。わかります。でも なぜ esta ですか?」
「わたしは ほしい たまご tu はなす」

え・・・?え・・・?

「よく わかりません」


「わたしとたまごは ともだち です」
「わたしたちは はなします "tu"」
「たまご tu はなします。おねがいします」
「たまごは usted はなしました」
「わたしは たまご tu はなす が ほしいです」

あ?あぁ。
なんとな〜くわかってきました。
スペイン語の文法の本にtú,vosotros,vosotrasは
友達や親しい人同士で使うと書いてありましたヨ。
estáはustedの活用だから
わたしはtú活用のestáを使えよと
文句言われてるのか?

今日話したのはアルベルト。
この子は普段はサクっとした子なので、
こんなにしつこくガタガタ言われたのは初めてです。
・・・ということは、スペイン語の世界では
Sがあるのか、ないの違いだけで「なにか」が大きく違うらしい。

「たまご はなします。”estas”」
「わかりますか?」
「ともだちは はなします ”estas"」
「ともだちは はなしません "esta"」

あああ。
ひらめきやっぱり、そのことか!
やっとわかったので、書き直して送りました。

「Cómo esás?」

返事は

「muy bieeeeeen!」

ふぅ・・・挨拶ひとつでも外国語は大変だぁぁぁ〜あせあせ(飛び散る汗)


スペイン語の文法の本にustedは「ていねい」って書いてあったから
挨拶はていねいな方がいいのかと思ったのよ・・・
後でネットで調べたらustedは敬語だと
説明しているサイトを発見しました目

なんだ。そうなんだ〜。
「友達同士なんだから敬語で話さないで友達語で話そうよ」って
言ってくれたんだと理解できました^^やれやれ。

メモ今日の教訓ペン
友達には間違ってもustedを使ってはならないexclamation×2
もしも間違って使うとかなりガタガタ言われるからwww




posted by たまご at 22:10| Comment(0) | スペインの友達のこととか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコ湾に沈む夕日と客船ディズニー・マジック




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

綺麗だったので、同じニュースから写真を
2枚持って来ちゃいました。

写真は全部で8枚あります。
メキシコ湾に沈むでっかい夕日も綺麗でした^^

ディズニーの客船ディズニー・マジックの船体が
よく写っている写真もありましたよ。
ライトアップされててめっちゃゴージャスです。
他の写真もとても素敵なので見に行ってください♪


・・・スペイン語を勉強し始めた頃に(ほんの2週間前)
スペイン語が南米でも使われている事を知り(知らなかった)
地図でスペイン語圏の国を確認してみたとき(知らない国もあった)
メキシコが思ったよりも北にあって(ってか北米にあるだね〜)
ちょっとびっくりしました。

今日、このニュースをみて「メキシコ湾」が世界地図の
何処にあるのかわかる自分がちょっと嬉しかった♪




posted by たまご at 20:18| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タマビキ貝の生態研究へ、メキシコ



【12月17日 AFP】メキシコ東部カンクン(Cancun)の135キロ南にあるセルア(Xelha)岬で14日、タマビキ貝の一種、pink winkleの行動範囲や生態を研究するため、仏科学者Herwan Amire氏らのチームが貝に60個のチップを取り付けた。(c)AFP

-----------------------------------------------

ニュース、これだけしか書いてないんです・・・

なので、この貝について検索してみたけど
マタビキ貝だとグーグルさんに
「もしかしてタマキビ貝」とか言われちゃうし、
pink winkleで検索しても貝が引っかからない。

マタビキ(マタキビ)貝っていうのは日本でも沢山の
種類がいて、いろんな貝の写真を見たけど
このメキシコでおっちゃん(仏科学者)が持ってるような
大きなピンク色のはなかったです。

写真が3枚あって貝のアップの写真には
ちゃんと貝殻の中に貝さん本体がいるのがちょっと見えます。

食べられるのかな〜?
(それを調べたかったんだけどw)

調査が上手く進むといいですね。
セルア(Xelha)岬っていう所はこんな大きな貝が
生息している綺麗な海があるのかな?

posted by たまご at 06:42| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコ海軍、有力麻薬密輸組織トップを銃撃戦で殺害



【12月17日 AFP】メキシコ海軍は16日、首都メキシコ市(Mexico City)南部で実施した同日夜の作戦で、麻薬密輸組織のトップで指名手配犯のアルトゥロ・ベルトラン・レイバ(Arturo Beltran Leyva)容疑者(47)を殺害したと発表した。レイバ容疑者とともに仲間3人も殺害し、1人は自殺したという。

 レイバ容疑者は、メキシコで近年、深刻化している麻薬抗争の背後にいる有力麻薬密輸組織の1つ、いわゆる「ベルトラン・レイバ・ブラザーズ(Beltran Leyva brothers)」のボスとして知られる。最重要指名手配犯リストの第3位に名を連ね、同容疑者の逮捕につながる情報提供には150万ドル(約1億3000万円)の懸賞金が掛けられていた。

 レイバ容疑者らの殺害は、麻薬撲滅を掲げるフェリペ・カルデロン(Felipe Calderon)大統領にとって大きな成果といえる。(c)AFP

---------------------------------------------------

メキシコの知識は殆どないので、このニュースを検索して
みたところ、アルトゥロ・ベルトラン・レイバ容疑者というのは
「ボスの中のボス」という異名を持つ大物で、
海軍部隊はクエルナバカにあるレイバ容疑者の高級住宅を襲撃し
たようです。

メキシコの大統領はフェリペ・カルデロンと言うんですね。
第65代大統領。国民行動党(PAN)党首。
2006年7月2日の大統領選挙において、ライバルである
民主革命党(PRD)のアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールを
激戦の末に微妙な票差で破り、同年12月1日より大統領に就任した。

2006年に就任以来、アメリカ合衆国の捜査当局と協調しながら、
麻薬の密造・密輸組織(カルテル)の撲滅に全力を挙げていそうです。





posted by たまご at 01:36| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第65回ブエルタ・ア・エスパーニャのコースが発表される



【12月17日 AFP】2010年8月に開幕する第65回ブエルタ・ア・エスパーニャ(65th Vuelta a Espana)のコースが16日、第1ステージが開催されるスタート地点のセビリア(Seville)で発表された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

先日、世界ランキング1位に輝いて表彰された、
アルベルト・コンタドールが一番左に写ってますね。

犬の散歩でよく会う近所のおっちゃんは自転車屋さんで、
細っこいレース用のチャリンコに乗って毎朝、皇居の周りを
走ってるような人です。

アマチュアレースにも出場してて、賞状とか盾とか
もらってたり、お店にもカラフルなジャージとメットをかぶった
アマチュアレーサーも出入していて
かなり詳しそうなのでお茶菓子持って聞きに行ってみました。


「お。どうしてまた?」

「うん。スペインに興味があってね。コンタドールって人を
ニュースで見たんだけど」

おっちゃん、一気にババババァァァっと色々教えて
くれたんだけど、人の名前とかチーム名とかわからないので、
話聞いてもチンプンカンプンですw

わかったのは、チーム戦であること。
タイムとポイントで争うこと。
何日間もレースを続けて、スペイン中を回ること。
コースは平な道だけじゃなく山を登ったりもすること。
だから、選手達は平地が得意な奴、山登りが得意な奴、
短距離で速いヤツ、長距離で粘る奴と
さまさまなタイプがいて、チーム内の選手の能力を
組み合わせてチームで上位を狙うということ。

さらに、めっちゃ強い選手がいるチームは
チーム全体でめっちゃ強い選手が上位に入るように
協力(自分が捨駒になることもいとわない)すること。

・・・深夜にレースをテレビで見たことあって、
実は前から少し興味があったんです。
(たぶん見たのはフランスのレースだと思うけどね)

ルールとかチームの動きがわかるようになったら
かなり面白そうです。

レースはまだまだ先だけど、来年観てみようかな。
自転車屋のおっちゃんはスポーツ飲料一本買っただけ
いっぱい教えてくれそうだし。

レースのちゃりんこ(ロードレーサー)ってカッコいいですよね。
おっちゃんの店にはとても綺麗だけど誰が買うんだろう?
という値段のチャリが沢山飾ってあります。
傷つけたらコワイのでうかつに近づけませんw



スペインの2010年の公式サイト

la vuelta '10

http://www.lavuelta.com/





posted by たまご at 01:07| Comment(0) | スペインのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。