2009年12月24日

大西洋の財宝めぐる裁判、米裁判所がスペイン側の所有物との判断下す



【12月24日 AFP】米海底探査会社オデッセイ・マリン・エクスプロレーション(Odyssey Marine Exploration)が北大西洋で引き上げた19世紀の財宝についてスペイン政府が所有権を主張している問題で、米フロリダ(Florida)州のタンパ(Tampa)地裁は22日、同社に対し財宝をスペイン側に返還するよう命じる判断を下した。スペインのアンヘレス・ゴンサレス・シンデ(Angeles Gonzales-Sinde)文化相が23日、明らかにした。

22日の判決では、「メルセデス号はスペイン海軍の船舶であり、船舶自体や積荷、遺体は、法的にもスペインの所有物である」との判断が下された。シンデ文化相は、この判決を「スペインの歴史遺産保護にとって非常に重要なものだ」と述べて、歓迎する姿勢を示した。一方のオデッセイ側は、この判決を不服として上訴する意向を表明した。(c)AFP

--------------------------------------

ニュース長いので全部はコピーしてません。
詳しくは元のニュースを見てください。

これ・・・どんなお宝なんでしょう?
50万枚の銀貨と数百枚の金製品だそうですが、
金製品とか見てみたいです。

決着がついたら公開したりするのかな?



posted by たまご at 13:20| Comment(44) | スペインのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

今年のクリスマスも登場、カタルーニャ伝統の「排便人形」 スペイン


スペイン・カタルーニャ(Catalonia)地方で、今年もクリスマス恒例の排便人形「カガネル(Caganer、「排便」の意)がお目見えした。カタルーニャでは、クリスマスシーズンになると有名人が排泄する姿を模した陶器の人形を自宅内に隠し、招待客に探させるのが恒例行事となっている。18世紀から続く風習で、カガネルは翌年の豊穣(ほうじょう)、希望、繁栄の象徴とされている。

---------------------------------------

へー。
これ、面白いです。
写真が24枚あって、どんな人達の人形があるかというと・・・

スペイン1部リーグRCDエスパニョールの中村俊輔選手のカガネル
サッカー・スペイン1部リーグ、
レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド選手のカガネル
サッカー・イタリアセリエA、
 インテルのサミュエル・エトー選手のカガネル
スペイン1部リーグFCバルセロナの
 ズラタン・イブラヒモビッチ選手のカガネル
サッカー・スペイン1部リーグ、FCバルセロナの
 ジョゼップ・グアルディオラ監督のカガネル
サッカー・スペイン1部リーグ、FCバルセロナの
アンドレス・イニエスタ選手のカガネル

サッカー・アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ監督のカガネル

二輪ロードレースMotoGPライダーのカガネル。
スペインのダニエル・ペドロサ選手
イタリアのバレンティーノ・ロッシ選手
スペインのホルヘ・ロレンゾ選手

男子プロゴルフ、タイガー・ウッズ選手のカガネル
男子プロテニス、ロジャー・フェデラー選手のカガネル

有名F1ドライバーのカガネル。
フェラーリのフェルナンド・アロンソ選手
マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン選手
スペイン人F1ドライバー、フェルナンド・アロンソ選手のカガネル

エスペランサ・アギーレマドリード州知事
アルベルト・ルイス・ガジャルドンマドリード市長のカガネル
ヒラリー・クリントン米国務長官のカガネル
フェリペ・カルデロン,メキシコ大統領のカガネル
キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長のカガネル
英国のエリザベス女王のカガネル
自由の女神のカガネル

このような方々の排便人形があって
全員おしり丸出しになっていますw
おしりの後ろには、ちゃんととぐろを巻いた
うんちちゃんがあります^^

初めてみましたが、なんだか可愛いです^^
18世紀から続く風習なんだそうです。
これ、気に入りました^^


posted by たまご at 21:29| Comment(2) | スペインのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

スペインのクリスマス宝くじ、一番人気はM・ジャクソンの死亡日



【12月19日 AFP】クリスマス恒例のスペインの宝くじ「エル・ゴルド(El Gordo)」で、今年、最も人気の高い数字は6月25日に死亡した米歌手マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)さんにちなんだ「25609」だと主催者がウェブサイト「Ventura24.es」で発表した。不吉とされる数字を並べた「66666」も、例年通り人気が高いという。

 スペイン語で「太った人(大金持ち)」を意味する「エル・ゴルド」は、クリスマスの宝くじとしては世界最高の賞金額を誇る。毎年、12月22日に行われる当選発表では、子どもたちがグレゴリオ聖歌を歌いながら当選番号や賞金額を発表していくのが慣わし。当選発表はテレビ中継され、くじを購入した数百万人がテレビ画面に釘付けになる。

 前年払い戻された賞金総額は、20億ユーロ(約2600億円)以上で、1995年から賞金額は倍増している。

 スペイン政府の統計によると、スペイン人の80%が「エル・ゴルド」を購入しており、同国で毎年宝くじに費やされる総額の半分を占めるという。(c)AFP

--------------------------------------------------------

じぶんで数字を選ぶタイプの宝くじなかな?
どうしようかな・・・じゃ、わたしは今年は

「05055」にするわ。(たまご、たまご、go!って感じで)

・・・海外からは買えないのかな?

たぶんコレが公式サイトだと思う。
el Gordo.com
http://www.elgordo.com/indexen.asp

読めないけどw
他にも色々な宝くじがあるみたいです。

スペインの友達に宝くじ買ったか聞いてみたけど
私の友達は宝くじを買わない20%の方に
入ってる子でした。。。ちっw


不吉な数に人気があるっていうのが面白いなと思いました。
もしも、ガッポリ賞金が当たってから
悪いことが起きないように・・・とかスペイン人は
考えるのかなぁ?

それとも、自分が当たるようにわざと不吉な数を買うのかな?
そして、そういう人が結果的に多くなるのかな?

日本の宝に興味ないんだけど(身内に当たった人いないしw)
スペインの事になるとすごく興味が湧いちゃう。
スペイン語を勉強してからこういう現象が自分に起きてます。


posted by たまご at 00:40| Comment(0) | スペインのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

第65回ブエルタ・ア・エスパーニャのコースが発表される



【12月17日 AFP】2010年8月に開幕する第65回ブエルタ・ア・エスパーニャ(65th Vuelta a Espana)のコースが16日、第1ステージが開催されるスタート地点のセビリア(Seville)で発表された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

先日、世界ランキング1位に輝いて表彰された、
アルベルト・コンタドールが一番左に写ってますね。

犬の散歩でよく会う近所のおっちゃんは自転車屋さんで、
細っこいレース用のチャリンコに乗って毎朝、皇居の周りを
走ってるような人です。

アマチュアレースにも出場してて、賞状とか盾とか
もらってたり、お店にもカラフルなジャージとメットをかぶった
アマチュアレーサーも出入していて
かなり詳しそうなのでお茶菓子持って聞きに行ってみました。


「お。どうしてまた?」

「うん。スペインに興味があってね。コンタドールって人を
ニュースで見たんだけど」

おっちゃん、一気にババババァァァっと色々教えて
くれたんだけど、人の名前とかチーム名とかわからないので、
話聞いてもチンプンカンプンですw

わかったのは、チーム戦であること。
タイムとポイントで争うこと。
何日間もレースを続けて、スペイン中を回ること。
コースは平な道だけじゃなく山を登ったりもすること。
だから、選手達は平地が得意な奴、山登りが得意な奴、
短距離で速いヤツ、長距離で粘る奴と
さまさまなタイプがいて、チーム内の選手の能力を
組み合わせてチームで上位を狙うということ。

さらに、めっちゃ強い選手がいるチームは
チーム全体でめっちゃ強い選手が上位に入るように
協力(自分が捨駒になることもいとわない)すること。

・・・深夜にレースをテレビで見たことあって、
実は前から少し興味があったんです。
(たぶん見たのはフランスのレースだと思うけどね)

ルールとかチームの動きがわかるようになったら
かなり面白そうです。

レースはまだまだ先だけど、来年観てみようかな。
自転車屋のおっちゃんはスポーツ飲料一本買っただけ
いっぱい教えてくれそうだし。

レースのちゃりんこ(ロードレーサー)ってカッコいいですよね。
おっちゃんの店にはとても綺麗だけど誰が買うんだろう?
という値段のチャリが沢山飾ってあります。
傷つけたらコワイのでうかつに近づけませんw



スペインの2010年の公式サイト

la vuelta '10

http://www.lavuelta.com/





posted by たまご at 01:07| Comment(0) | スペインのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

イベリアオオヤマネコ野生へ還る、スペイン南部で再導入




スペイン南部ビリャフランカ・デ・コルドバ(Villafranca de Cordoba)で14日、イベリアオオヤマネコ2匹が野生へ還された。イベリアオオヤマネコの同地方での再導入は初めて。

20世紀初頭にはスペインやポルトガルに10万匹が生息していたイベリアオオヤマネコも、都市開発や狩猟、そしてなによりも、主な餌となる野生のウサギに病気が大量発生したために個体数が激減。2002年にはわずか150匹になってしまった。

写真は、檻から出て森に向かって走るイベリアオオヤマネコ(2009年12月14日撮影)。(c)AFP/CRISTINA QUICLER

-----------------------------------------------------------

写真が18枚あります。

スペイン語のwikiで見たんですけど、スペイン語だと
lince ibérico って呼ぶみたいです。

混同されやすい、ヨーロッパオオヤマネコの違いは、
ヨーロッパオオヤマネコには青白い模様があったのに対し
スペインオオヤマネコはヒョウのような独特の斑点がある
そうです。オスはメスよりも大きくて、肩高は約70cm、
体長は15cmの尾を含んで約1m。体重は13から25kg。

沢山写真がありますが、「すっごいジャンプ」している
後ろ姿の写真が気に入りました。尾は短いんですね。

野生にかえった2匹がバリバリ繁殖してドンドン増えて
くれるといいですね。

もっと詳しくという方はこちら。wikiにとびます。

スペインオオヤマネコ

もし、まちがってたらごめんね。
wikiのスペインヤマネコっていうのがそうだと思うんだけど。
写真が似ているし。でも、名前が違うので、
もし違う種類だったらすみません。





posted by たまご at 02:47| Comment(0) | スペインのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

コンタドール 2009年は「これまでで最高の一年だった」



【12月15日 AFP】2009ツール・ド・フランス(2009 Tour de France)で、2007年に続き2度目の総合優勝を果たしたアスタナ(Astana)のアルベルト・コンタドール(Alberto Contador、スペイン)が、国際自転車競技連合(International Cycling Union、UCI)から今シーズンのトップライダーとして表彰され、2009年はこれまでで最高の1年だったと振り返った。

----------------------------------------------------


アルベルト・コンタドールさんは1982年12月6日、
スペイン・マドリード生まれの自転車競技ロードレース選手。
2007年のツール・ド・フランスと
2008年のジロ・デ・イタリアおよび
ブエルタ・ア・エスパーニャで総合優勝し、
史上5人目となるグランツール完全制覇達成者となった人
らしいです。

幼少期はサッカーや陸上に親しんでいたが、
自転車競技をやっていた兄の影響を受け、
自身も競技を始めるようになる。
そして2002年にスペインのU-23個人タイムトライアルで優勝する
などの実績をあげて、 2003年にオンセ・エロスキでプロデビュー。
(wiki より)

--------------------------------------------

深夜にレースを見たことがあります。
あれは、街並みや各地の風景を見ることが出来るので
イイよネ。
ただ・・・レースが長いので、最後まで観戦するのは
大変。しかも何日間もあるし。

自転車の選手はみんなスリムですね〜。
ケガしたときに、治療しやすいようにスネ毛とか
キレイに剃っているので、レースや写真をみると、
み〜〜んな足がつるつるでキレイですよねw


コンタドールは、3度目の総合優勝を狙う
ツール・ド・フランスを目標に、2010年シーズンに向けて
「興奮してやる気に満ちている」と語っているそうでう。

おめでとう。そしてまた、頑張ってください^^





posted by たまご at 18:49| Comment(0) | スペインのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。