2009年12月23日

メキシコ市、同性婚認める 中南米では初



【12月22日 AFP】メキシコ市(Mexico City)は21日、中南米の自治体としては初めて、同性同士の結婚を認める条例を賛成39、反対20、棄権5で可決した。

 条例案を提出した与党市議らによると、市議会では野党側から出されていた、同性婚カップルの養子縁組みを禁じる改定案も否決されたという。

 新たな条例により、すでにメキシコ市で導入されていた(未婚の同性愛カップルの法的地位を認める)シビルユニオン法が修正される。

 南米では、メキシコ市と同様、多くの都市がシビルユニオン法を認めている。なおアルゼンチンでは、今月初めに同性婚を合法とした裁判所の決定について、最高裁が最終判断を下す予定だ。(c)AFP

--------------------------------------------

市議会の様子などの写真を含めて6枚写真がありました。
メキシコ全体じゃなくてメキシコ市の話なのね。

同性でも結婚して生涯仲良く協力して
生活していけるなら、こういうのはイイと思います。
チュウしている男性のカップルが写ってますね。
良かったね^^

わたしのスペインの友達の内の一人も
ゲイくんなんですが、見た目も、中身も
愛らしくてカッコいい子なんです。
なので、内心「ちっ」と思ってる女の子も
周りに多いのかな〜ww

スペインはどうなの?と思って調べてみたら、
2005年6月に下院が同性結婚と養子受け入れを認める
法案を可決して、7月に国王が署名をして
現在、認められているそうです。


追記。

ニュースの記事に
「アルゼンチンでは、今月初めに同性婚を合法とした裁判所の決定について、最高裁が最終判断を下す予定だ。」とあります。

関連ニュースを見つけたのでリンク貼っておきます。

【11月27日 AFP】
アルゼンチンの男性カップル、中南米初の同性婚夫婦に
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2668483/4965029

というニュースが報じられた後に、なんと!

【12月1日 AFP】
アルゼンチンの男性カップル、挙式前夜に裁判所が「待った!」
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2669742/4979887

という事になってるようです。
挙式前夜に待ったが掛けられたんですか・・・
ちょっとカワイソウ。
最終判断はどうなるんでしょうか。

待ったを食らっているアルゼンチンの男性同士のカップルは
アレハンドロ・フレイレ(Alejandro Freyre)さんと
ホセ・マリア・ディ・ベロ(Jose Maria Di Bello)さん
という二人だそうです。

posted by たまご at 04:56| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

メキシコ湾に沈む夕日と客船ディズニー・マジック




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

綺麗だったので、同じニュースから写真を
2枚持って来ちゃいました。

写真は全部で8枚あります。
メキシコ湾に沈むでっかい夕日も綺麗でした^^

ディズニーの客船ディズニー・マジックの船体が
よく写っている写真もありましたよ。
ライトアップされててめっちゃゴージャスです。
他の写真もとても素敵なので見に行ってください♪


・・・スペイン語を勉強し始めた頃に(ほんの2週間前)
スペイン語が南米でも使われている事を知り(知らなかった)
地図でスペイン語圏の国を確認してみたとき(知らない国もあった)
メキシコが思ったよりも北にあって(ってか北米にあるだね〜)
ちょっとびっくりしました。

今日、このニュースをみて「メキシコ湾」が世界地図の
何処にあるのかわかる自分がちょっと嬉しかった♪




posted by たまご at 20:18| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タマビキ貝の生態研究へ、メキシコ



【12月17日 AFP】メキシコ東部カンクン(Cancun)の135キロ南にあるセルア(Xelha)岬で14日、タマビキ貝の一種、pink winkleの行動範囲や生態を研究するため、仏科学者Herwan Amire氏らのチームが貝に60個のチップを取り付けた。(c)AFP

-----------------------------------------------

ニュース、これだけしか書いてないんです・・・

なので、この貝について検索してみたけど
マタビキ貝だとグーグルさんに
「もしかしてタマキビ貝」とか言われちゃうし、
pink winkleで検索しても貝が引っかからない。

マタビキ(マタキビ)貝っていうのは日本でも沢山の
種類がいて、いろんな貝の写真を見たけど
このメキシコでおっちゃん(仏科学者)が持ってるような
大きなピンク色のはなかったです。

写真が3枚あって貝のアップの写真には
ちゃんと貝殻の中に貝さん本体がいるのがちょっと見えます。

食べられるのかな〜?
(それを調べたかったんだけどw)

調査が上手く進むといいですね。
セルア(Xelha)岬っていう所はこんな大きな貝が
生息している綺麗な海があるのかな?

posted by たまご at 06:42| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコ海軍、有力麻薬密輸組織トップを銃撃戦で殺害



【12月17日 AFP】メキシコ海軍は16日、首都メキシコ市(Mexico City)南部で実施した同日夜の作戦で、麻薬密輸組織のトップで指名手配犯のアルトゥロ・ベルトラン・レイバ(Arturo Beltran Leyva)容疑者(47)を殺害したと発表した。レイバ容疑者とともに仲間3人も殺害し、1人は自殺したという。

 レイバ容疑者は、メキシコで近年、深刻化している麻薬抗争の背後にいる有力麻薬密輸組織の1つ、いわゆる「ベルトラン・レイバ・ブラザーズ(Beltran Leyva brothers)」のボスとして知られる。最重要指名手配犯リストの第3位に名を連ね、同容疑者の逮捕につながる情報提供には150万ドル(約1億3000万円)の懸賞金が掛けられていた。

 レイバ容疑者らの殺害は、麻薬撲滅を掲げるフェリペ・カルデロン(Felipe Calderon)大統領にとって大きな成果といえる。(c)AFP

---------------------------------------------------

メキシコの知識は殆どないので、このニュースを検索して
みたところ、アルトゥロ・ベルトラン・レイバ容疑者というのは
「ボスの中のボス」という異名を持つ大物で、
海軍部隊はクエルナバカにあるレイバ容疑者の高級住宅を襲撃し
たようです。

メキシコの大統領はフェリペ・カルデロンと言うんですね。
第65代大統領。国民行動党(PAN)党首。
2006年7月2日の大統領選挙において、ライバルである
民主革命党(PRD)のアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールを
激戦の末に微妙な票差で破り、同年12月1日より大統領に就任した。

2006年に就任以来、アメリカ合衆国の捜査当局と協調しながら、
麻薬の密造・密輸組織(カルテル)の撲滅に全力を挙げていそうです。





posted by たまご at 01:36| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

北京五輪チリ代表,重量挙げトレーニング中に男児出産




【12月16日 AFP】北京五輪(Beijing Olympics)女子重量挙げに出場したチリ人女性が、ブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)のジムでトレーニング中に男児を出産した。本人は妊娠にすら気づいていなかったという。ニュース・ウェブサイト「Globo.com」が15日報じた。

 女性は、サンパウロ在住のエリザベス・ポブレーテ(Elizabeth Poblete)さん(22)。前週、ジムでウェイトを持ち上げている最中に体の不調を訴え、医師が呼ばれたところで体重1150グラムの未熟児を出産した。

 母子はただちに病院へ搬送され、男児は集中治療室に入れられた。ポブレーテさんは、ショックから立ち直ったあとで、男児を「エリック・ホセ(Eric Jose)」と名付けた。

 ジムのトレーナーは、「驚いた。1週間前にチリで大会があったんだが、彼女も参加し、優勝もしていた。大きくて力も強い女の子だとしか思わなかった」と語った。

 医師らは、ポブレーテさんは妊娠6か月だったと見ている。女子重量挙げの選手は、トレーニングや食事制限により生理不順になることがあり、妊娠の兆候が見逃されることもある。

 ポブレーテさんはこの数か月間、75キロ級から85キロ級へ階級を上げるべく、体の強化に取り組んでいた。(c)AFP


-------------------------------------------------------


エリザベス・ポブレーテ(Elizabeth Poblete)さん
出産おめでとうございます^^

エリック・ホセ(Eric Jose)ちゃん誕生おめでとう^^
妊娠6か月で体重1150グラムの未熟児だそうですが、
元気に育つといいですね。

妊娠にすら気づいていなかったというのは、
同じ女性としてはちょっと不思議だけど、
きっと、トレーニングや大会に集中していたんでしょうね。




posted by たまご at 09:29| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

動物を使用した製品にNO!保護団体が抗議デモ メキシコ市



12月15日 AFP】動物保護団体AnimaNaturalisのメンバーが9日、メキシコ市(Mexico City)で、おりに入れられた動物の格好になり、動物を使用した製品に反対するデモを行った。(c)AFP

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

スペインでの血まみれヌードで毛皮に抗議するニュースを
過去に2回掲載しましたが、今度はメキシコです。

動物を使用した製品に反対するデモを行った動物保護団体AnimaNaturalisのメンバーが檻に入れられた動物
の格好をしています。

写真は5枚あります。

オウム?のお姉さんの他にトラのお兄さんの写真も
ありました。トラのお兄さんの隣は、牛のお兄さんかな?



posted by たまご at 19:40| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。