2009年12月17日

オロオロなスペイン語希望なんだけど。


今日もスペイン語の動詞の活用の練習をしています。

ふと・・・これ、必死に覚えてるけど
いつになったら、会話出来るようになるんだ?
という疑問が湧き上がって来ました。

文法の本以外に会話を勉強する本が必要なものなの?
今のわたしに必要なスペイン語は、ほんとうにちょっとした事が
言えればいいだけなんだけどな・・・

せっかく本を買ったから、スペイン語の初級の文法ぐらいは
最後までコツコツ勉強するつもりだけど。
意外と文法の勉強楽しいし♪

でもね。実際は・・・

「スペイン人の友達が話すオロオロの日本語レベル」

があれば間に合うと思うので、早くソコに到達したいんだけどな?

「げんき?なにした今日。あった?いいこと」
「あなたは すっぽん しっていますか?」
「はやく あなた 髪 伸びるといいね」

こういうオロオロ程度スペイン語で十分なのよ。
ほら、よく中国の人の日本語として一般的に表現されてる感じの。
そんなんでいいのよ。わたしごときなんだしw

一人で勉強していると、勉強の進め方とかわからない。
単語は絶対に必要だとわかるんだけど、その他をどうやって
進めて行けばいいのかな?

「会話」って題名の本を買ってみようか?
動詞のドリルを買ったばっかりなのに?
うーん。何から先にやればいいのかな〜〜?

使いそうな単語と、動詞をたくさん覚えたら
それで伝わるのかなー?

ふふーん。なんか馬鹿の考え休むに似たりに
なっちゃうんだよね。アマソンばっかり睨んでてさw

今日はとりあえす e  が ie  に変わる動詞を
沢山練習してみた。

posted by たまご at 03:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人類のヨーロッパ到達年が20万年さかのぼる可能性、新たな遺跡発見で



【12月16日 AFP】人類の祖先が初めてヨーロッパに到達したのは、これまでの定説よりも20万年早い157万年前であった可能性があるとする論文が、専門誌「Comptes Rendus Palevol」に発表された。

発掘現場のアルゴン年代測定を実施したところ、157万年前という驚きの結果が得られた。これまでに発見されている先史時代の遺跡の多くよりもはるかに年代がさかのぼることになり、例えばスペインのアタプエルカ(Atapuerca)遺跡の120万年〜110万年前をも大幅に上回っている。


----------------------------------------------------------

現場はフランスなんですが。これまでの定説より20万年も
前に人類がフランスをウロウロしていたというのは
興味深いです。

このニュースも興味深いんですが、スペイン語を勉強して
からというもの、「スペイン」という文字が浮き上がって
見える目になったので(興味をもつと見えてくるんだねw)

スペインアタプエルカ(Atapuerca)遺跡に目が止まりました。

wikiに飛びます。

アタプエルカ

「アタプエルカはスペインのカスティーリャ・レオン州
ブルゴス県の町で、ヨーロッパにおける最も初期の人類が
残した石器類なども発見されている。」そうです。

2000年にユネスコの世界遺産も登録されているんですね。

この日本語のwikiからさらにスペイン語へ飛ぶと
(わたしは読めませんが)発掘時の写真がありますね。
発掘された人骨や、道具(?)の写真もありました。

スペインやフランスあたりは、気が遠くなる程昔は
住みやすい所だったのかな?
こんなに昔から人がウロウロしていたなら
きっとそうなんだろうね^^



posted by たまご at 03:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベリアオオヤマネコ野生へ還る、スペイン南部で再導入




スペイン南部ビリャフランカ・デ・コルドバ(Villafranca de Cordoba)で14日、イベリアオオヤマネコ2匹が野生へ還された。イベリアオオヤマネコの同地方での再導入は初めて。

20世紀初頭にはスペインやポルトガルに10万匹が生息していたイベリアオオヤマネコも、都市開発や狩猟、そしてなによりも、主な餌となる野生のウサギに病気が大量発生したために個体数が激減。2002年にはわずか150匹になってしまった。

写真は、檻から出て森に向かって走るイベリアオオヤマネコ(2009年12月14日撮影)。(c)AFP/CRISTINA QUICLER

-----------------------------------------------------------

写真が18枚あります。

スペイン語のwikiで見たんですけど、スペイン語だと
lince ibérico って呼ぶみたいです。

混同されやすい、ヨーロッパオオヤマネコの違いは、
ヨーロッパオオヤマネコには青白い模様があったのに対し
スペインオオヤマネコはヒョウのような独特の斑点がある
そうです。オスはメスよりも大きくて、肩高は約70cm、
体長は15cmの尾を含んで約1m。体重は13から25kg。

沢山写真がありますが、「すっごいジャンプ」している
後ろ姿の写真が気に入りました。尾は短いんですね。

野生にかえった2匹がバリバリ繁殖してドンドン増えて
くれるといいですね。

もっと詳しくという方はこちら。wikiにとびます。

スペインオオヤマネコ

もし、まちがってたらごめんね。
wikiのスペインヤマネコっていうのがそうだと思うんだけど。
写真が似ているし。でも、名前が違うので、
もし違う種類だったらすみません。





posted by たまご at 02:47| Comment(0) | スペインのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

北京五輪チリ代表,重量挙げトレーニング中に男児出産




【12月16日 AFP】北京五輪(Beijing Olympics)女子重量挙げに出場したチリ人女性が、ブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)のジムでトレーニング中に男児を出産した。本人は妊娠にすら気づいていなかったという。ニュース・ウェブサイト「Globo.com」が15日報じた。

 女性は、サンパウロ在住のエリザベス・ポブレーテ(Elizabeth Poblete)さん(22)。前週、ジムでウェイトを持ち上げている最中に体の不調を訴え、医師が呼ばれたところで体重1150グラムの未熟児を出産した。

 母子はただちに病院へ搬送され、男児は集中治療室に入れられた。ポブレーテさんは、ショックから立ち直ったあとで、男児を「エリック・ホセ(Eric Jose)」と名付けた。

 ジムのトレーナーは、「驚いた。1週間前にチリで大会があったんだが、彼女も参加し、優勝もしていた。大きくて力も強い女の子だとしか思わなかった」と語った。

 医師らは、ポブレーテさんは妊娠6か月だったと見ている。女子重量挙げの選手は、トレーニングや食事制限により生理不順になることがあり、妊娠の兆候が見逃されることもある。

 ポブレーテさんはこの数か月間、75キロ級から85キロ級へ階級を上げるべく、体の強化に取り組んでいた。(c)AFP


-------------------------------------------------------


エリザベス・ポブレーテ(Elizabeth Poblete)さん
出産おめでとうございます^^

エリック・ホセ(Eric Jose)ちゃん誕生おめでとう^^
妊娠6か月で体重1150グラムの未熟児だそうですが、
元気に育つといいですね。

妊娠にすら気づいていなかったというのは、
同じ女性としてはちょっと不思議だけど、
きっと、トレーニングや大会に集中していたんでしょうね。




posted by たまご at 09:29| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

決心をつけなくっちゃ!

スペインの友達とは98%日本語で話しています。

(そのうち半分はスペインの友達使うネット翻訳の
ロボット日本語ですw)

日本旅行中の彼らに道案内をしたことがきっかけで
友達になったので、わたしはスペイン語なんて
まったくわからなかったんです。

だけど、思ったより友達づきあいが続き、
スペイン語を勉強することを思い立ち、
今、少しの動詞と少しの単語を覚えました。

そろそろ、スペイン語をチャットで
使ってみたいと思ってます。

わたしの持っているスペイン語の文法の入門書は
本当に文法だけの本だったみたいで、
会話に関する事がほとんど書いてありません。

でも、持っている辞書の中にスペイン語の
会話集が付いていて簡単な旅行会話が載っています。
これを使えば・・・ちょとスペイン語で話が出来るかも?

でも〜〜。なんかー。ずっと日本語だったし、
なんとなく・・・なんてーの?

「スペイン語使うのが、なんか恥ずかしい」んですあせあせ(飛び散る汗)

スペイン語で話すためにスペイン語を勉強しているのに、
いざ、使おうと思うと「なんか躊躇」しちゃうんです。

辞書に載っている会話文は文法的には
まだ、理解できません。
わからないのに丸写しで使うのが嫌なのかな?
いや。。。やぱりなんか「恥ずかしい」のだあせあせ(飛び散る汗)

うむー。
自分で思っても見なかった「壁」を目の前にオロオロですたらーっ(汗)

「使わなくっちゃ意味無いじゃん!」
「でも、まだ、理解してないし・・・」
「書いちゃえばイイじゃん!喜んでくれるかもよ?」
「でも・・・なんか間違ったら・・・」
「辞書に書いてあるんだから、大丈夫!」
「やっぱり、もう少し勉強してからの方が・・・」

・・・と、チャト画面を前に一人相撲をしてしまって
スペイン語を書く決心がつきませんもうやだ〜(悲しい顔)

スペイン人の友達は度々、
「どうやったら、そういう日本語になるのぉ?」という
とんでもない日本語をバンバン送ってきます。
ああいう度胸というか・・・思いっきりの良さが
わたしも欲しいです。

スペイン語を話すためにスペイン語を勉強している人は
こういう変な悩みはないんだろうな〜。いいな〜。

どうしてもスペイン語が話したいとからじゃなくて
「友達が出来たらスペイン人だったから」
それが、スペイン語を勉強し始めた動機だったので、
語学に対しての心構えとか全然持ってません・・・

語学とか無縁で生きてきたので・・・
語学をやってる人とか外国語を勉強している人たちが
まぶしくて仕方がありません。
そういう自分の勝手な劣等感とかもあるのかも。
わたしごときが外国語を使うなんて・・・みたいな?

スペイン語の勉強は思ったよりも楽しいし、
スペイン語も好きになって来ました♪

いざ、使ってみようと思うと
こんなに自分が恥ずかしくなるなんて予想外でした。
ちゃんと決心をつけて(←わたしにはそのくらオオゴトw)
使ってみなくっちゃexclamation




posted by たまご at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物を使用した製品にNO!保護団体が抗議デモ メキシコ市



12月15日 AFP】動物保護団体AnimaNaturalisのメンバーが9日、メキシコ市(Mexico City)で、おりに入れられた動物の格好になり、動物を使用した製品に反対するデモを行った。(c)AFP

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

スペインでの血まみれヌードで毛皮に抗議するニュースを
過去に2回掲載しましたが、今度はメキシコです。

動物を使用した製品に反対するデモを行った動物保護団体AnimaNaturalisのメンバーが檻に入れられた動物
の格好をしています。

写真は5枚あります。

オウム?のお姉さんの他にトラのお兄さんの写真も
ありました。トラのお兄さんの隣は、牛のお兄さんかな?



posted by たまご at 19:40| Comment(0) | 南米のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。